9月

まだまだ蒸し暑い日もありますが朝晩は一気に冷え込む日も増えてきました。

今まで緑色だった多肉達を見に行ってみると、葉先がほんのり色づいているものを発見。

秋の楽しみのひとつ、紅葉が始まります。

紅葉や銀杏の紅葉も秋を感じますが多肉界ではやっぱりエケベリアやセダムの紅葉が楽しみですよね。

虹の玉やレッドベリーが真っ赤に染まり
オーロラや姫秀麗がぷっくりしてピンク色に。

パープルヘイズが濃い紫色になってくれたら

もう寄せ植えがしたくてたまらない気持ちになりますよね。
皆さんの中の寄せ植え欲がふつふつと湧き上がりますように♡
8月

8月になってからの連日の雨。
皆さんどんな対策をしていますか?

多肉のためには出来るだけ連日雨に当たることは避けてあげたいですね。
軒下や、カーポートの下などに置けるならその方が良いと思います。

どうしても屋根がない環境ならば、雨の時はビニールをかぶせるなどの工夫をしてあげてくださいね。

ここから2ヶ月くらいは酷暑が続くと思われます。
健康な多肉を育てるために、時々健康チェックしてあげてくださいね。

おかしいな?どうしたらいいかな?これは何かな?
と思ったら多肉スタイリング協会のインスタグラムDMや、こちらのメールお問合せで質問もお受けしています。 ←スタイリング協会会員に限ります。

夏の姿は緑で、可愛さには欠けますが、この姿も元気な証拠です。今の姿を撮影しておいて冬の紅葉時にビフォーアフターで比べて楽しむのも、多肉の楽しみ方のひとつだと思います。

是非やってみてくださいね♡

7月

6月の真夏のような暑さで、逆に7月の方が涼しく感じる今日この頃です。

皆様のおうちの多肉達はどんな様子ですか?

毎日は難しくても、お時間のある時に少しでも様子を見てあげてくださいね。

水を切りすぎて枯れてしまわないように。
外葉の様子を見てあげてください。

蒸れも心配ですが枯れてしまっても困りますよね。

天気予報を見て少し気温の下がる日、風の吹く日は、水やりのチャンスです。
夕方の時間帯にさっと水やりがオススメです。

きっと翌日にはぷっくり可愛い姿を見せてくれますよ。

枯れ葉を取る時に、葉裏も見てあげてください。
ダニに吸われた痕は無いですか?
茎が黒くなっている子は居ないですか?
夏の健康観察もとても大切です。

今日はここのトレー!などと、ローテーションで見てあげるのもいいかもしれません。
熱中症に気をつけながら夏の多肉達とも触れ合ってあげてくださいね。
6月

スタイリング協会発展コースの卒業制作も終わりに近づき
新たなコースの準備が始まります。

6月中には次のコースのスケジュールを発表しますので、7月の募集に向けて受けたいコースがある方はチェックしておいてくださいね。


今年の6月は雨の時期が長く、真夏日のような暑さの日もあるようです。
紫外線もとても強いため、大事な多肉をしっかり管理していきましょうね。
アエオニウムは休眠期に入ります。

真ん中がぎゅーっとしてきたら休眠中です。
休眠中の姿もまた可愛いですよね。
活動がゆっくりになりますので、水の上げ過ぎには注意してください。

夏に向けて蒸れないようにセダムなども密集しているものはカットしてあげてくださいね。
5月

春の心地よい風が吹き、多肉日和ですね。
皆さんお庭やベランダで寄せ植えや、多肉のお世話を楽しんでいる事でしょう。

いい季節ですが、雨が続く事も増えてきましたね。

沖縄では既に梅雨入りしたとの事です。
そろそろ殺菌剤や、ダニ剤の散布の時期ですね。
梅雨入り前に撒いておくのがオススメです。

雨が続くとどうしても土が乾きにくく、苗が湿った状態になるのでカビや蒸れ、害虫が住み着きやすい環境になります。

そうなる前に対策をする事が必要となります。

可愛い多肉を守るためにもしっかり対策しておくと安心ですね。

春の日差しも思った以上に強く、葉焼けしてしまう多肉もちらほら。

お住まいの環境に合わせて遮光もしてあげましょう。

可愛い紅葉は冷めていきますが緑色のムチムチした姿もまた可愛いですよね。
また秋冬の紅葉を見られるように、楽しみつつも、しっかりお世話していきましょうね。
4月

暖かくなり、満開の桜があちらこちらで見られる季節になりました。
皆さんの家の多肉達も、動き出したのではないでしょうか。

あちらこちらから花芽が上がり、可愛らしいお花を咲かせてくれます。
交配や、実生を楽しむならば、花も大事に管理しましょう。
花を使う予定が無いのであれば、花芽はカットしてあげた方が株を元気に保てます。
カットして花芽だけを小瓶に飾っても可愛い花を咲かせてくれますよ。

花を咲かせるのは多肉にとっても体力が要ります。
必要以上にストレスを与えない事も、多肉を育てる上で大事なことですね。
3月

氷点下になる日も減り、春の息吹を感じられる季節になりました。

皆様のお家の多肉達はどんな様子ですか?

朝晩の防寒対策も少し楽になってきましたか?
まだまだ寒い地域もあると思いますが、真冬の寒さからはだいぶ解放されたのではないでしょうか。

これからは植え替えの季節です。
古くなった土を取り替えてあげることで、根っこに栄養を与えるチャンスです。

土替えのタイミングで、根っこがしっかり張っているか。健康な白い根が出ているか。
葉の根元に虫がいないかなども、観察してあげて下さいね。

まだ土が柔らかく、多肉も元気なら秋までそのまま替えなくても大丈夫です。

根っこは健康のバロメーター。
調子が悪い子は、まず根っこをチェックです。

夏までにしっかり新しい土に根っこを張らせてあげたいですね。




2月

皆さんのお家の多肉はどんな様子ですか?
紅葉真っ盛りで、赤やピンクの可愛い色を見せてくれていますか?

また、寒さが厳しい地域では、凍結させてしまったり、お外には出せずにお家の中で管理されている方もいると思います。

凍結が心配なのでお水も切っている方も多いと思います。

この時期心配になるのがコナカイガラムシの発生です。

特にお部屋管理で風通しも悪く、水遣りも控えていると知らず知らずのうちにカイガラムシが付いていることもあります。

時々お外に出して、葉の根元をチェックしてあげてくださいね。
もしもついていたら、しっかり流水で洗い流し、オルトラン水和剤があれば散布してあげてくださいね。

まだ発生していなければ、土にふりかけるタイプのオルトランを追加してあげれば予防になります。

大切な多肉を守るため、日々の多肉観察をしていきましょうね。

2月も多肉ライフ♪ 楽しんでいきましょう。